【宝塚】宙組 薔薇ムール

[ 2009/6/12 23:00 |観劇日記 /, ]

ミュージカル・ロマン
『薔薇に降る雨』
作・演出/正塚晴彦

ロマンチック・レビュー
『Amour それは・・・』
作・演出/岡田敬二
宙組のキラキラ王子な大和悠河さんと
キラキラお姫様の陽月華さんの退団公演です。

こう毎月のように退団公演が続くと
見てるこっちはなかなかしんどいですねぇ(涙

【薔薇に降る雨】作演出/正塚晴彦
うめにゃんかわいいーうめちゃんかわいー☆☆
陽月さんは、正塚芝居は文化祭と愛短以来と聞きましたがすごく相性が良さそうに感じました。もっと見たかったなぁ、本当にもったいない。

そして、うめにゃんイザベラが世界にピッタリはまっているだけに、ゆうがさんはゆうがさんらしすぎて少しはまり切れてなかった印象。
軍人上がりの一般人に見えないんだもん…にじみ出る王子オーラ(笑)
婚約者のお母さんのおかげで、一般階級だってことことを思い出しました。
っていうか、お母さんがいきなりはすっぱでびっくりして気付いたくらい。

組長、とても好演です!
ただ残念なのは、アルヌー伯爵役と言うよりどこからどう見ても未沙のえる役ですよね。正塚先生どんだけまやさん好きなんだろう。

まゆさんランジュトーム…じゃなくて、オーランジュ男爵は、相変わらずの貫禄と濃さで名前もまんまなら演技もいつも通り。まゆさん濃い。
港でのゆうがさんのやりとりでいまいち涙が誘われなかったのは、引き継ぎじゃなかったからかなぁ。これが本当に「立場が逆転」なら感動ものですよね。
(大劇場でこの場面、台詞に詰まってアドリブで「……言葉にならなくて」って言ったらしいですね、ランジュトームさん。AQUA5のアルバム効き過ぎたとかお稽古見に行ってたとかそんな話なら萌えるなぁと思った腐女子脳。とむゆみ大好きv)

演じ手の個性といえば、こっちは半端に影響しちゃって、グザビエともちんとヘレンまちゃみさんがとんでも無く可哀想です。一方的に可哀想。主演よりこっちに感情移入しちゃいそうでした。

今回大注目のみっちゃん(ご贔屓が新公で演じる役の本役なので)
前半の不機嫌むっつりと後半の弾けてハッピーの差が素晴らしい。素晴らしいけど、実はやり過ぎ感も感じたり。前半役作りすぎ後半キャラたてすぎ、みたいな。新人公演のハードルあげないで(泣)。
そして歌はピカイチ。そのギャップも含めて、最近コメディ担当に固定されてるみたいでちょっと残念。
お芝居総評としては、結構残念でした。
本は酷く悪い訳じゃないけど、ゆうがさんにしろ、みっちゃんにしろ今ファンが見たい話や役ではなかったように思う。退団者の扱いも良いものじゃなかったし。
普通の公演ならねー、サヨナラでこれはちょっと…うーん;;

寝言を言って良いなら、ジャスティン水、オーランジュ彩吹、フランシス音月、イザベラ陽月、で観たかったw

*りくちゃんポイント*
まず、ボーイさんでしょう!ギャルソン服 ちょ う 萌 え る !!
後の場面でゆうがさんのお着替え(舞台上で)も手伝います。上級生になったねーって感じる瞬間。
そして黒眼鏡! 黒 眼 鏡 !!
オタクメガネ入ってたけど、白衣もプラスされたら参っちゃうよね~、って同期のあいちゃんのファンの方と盛り上がりました。同期がいて嬉しい♪
12場の裏切る男は、何をそんなに…ってくらい裏切ってた。楽しい演技よりも、怒りの感情のほうが演技しやすいんだろうなぁ。
本役通し役も嬉しいけど、下級生時代のどこにいるのか探しちゃう感じがまた楽しい。お芝居ではりくちゃんは下手にいる事が多い印象でした。

 

【Amour それは・・・】作演出/岡田敬二
来ました!宝塚レビューの殿堂!!
これぞ宝塚。古き良き宝塚。ザッツタカラヅカ!!って感じのレビュー。
耳慣れた曲がちりばめられているせいかとても見やすくて、お手本をさらっているみたいに正しいレビューでした。

まず、娘役さんをたくさん使ってるのが嬉しい。
うめにゃんが戻ってからの宙組は娘役のバランスがすごく良いと思うのですよ。男役の軍部よりも好きかも(ぇー。
娘役さんの歌い継ぎの所とかね。せーこちゃんがすごい頑張ってるのが嬉しい☆元雪っコにはなんとなく甘いんです。

音楽や演出に無謀な派手さがない分、色彩が豊かなのが目立ちますね。素敵。
淡い色からビビッドなイロキチ(みっちゃん談)な衣装まで。
*りくちゃんポイント*
探すまでもなく、中央に近いポジションに上がってます!
一番後ろとかでもせり上がってる上の真ん中!とか。きたきたきたー☆
93期3人組がそこここに目立ってて嬉しい嬉しい♪♪
余談なんですが、例のイロキチ場面は男役が色彩鮮やかなスーツにターバン&帽子という個体認識しにくい衣装なんですが、一発でご贔屓を見つけちゃった瞬間自分で自分に引きました。自分キモイ。
りくちゃん登場は下手、横切って上手固定が多かったです。
フィナーレがタケノコ真横なので、この公演だけでもタニ会に入りたいと心から願ってしまいました。

そして、下級生ばっかり見ちゃってレビューの全体をなかなか見れない駄目な私。
機会があれば、ショーのためにもう一回ぐらい見に行っても良い感じです。


Find this post interesting? Besides commenting below, you can follow responses with the RSS 2.0 feed or

Starburst Theme designed by Claire
powered by WordPress 4.5.23 | valid XHTML and CSS