【宝塚】宙 薔薇ムール 千秋楽中継

[ 2009/7/5 23:00 |観劇日記 /, ]

キラキラ笑顔の宙の王子と姫は
キラキラ笑顔のまま卒業されました。

サヨナラなんだけど
すごく笑顔で清々しい
こんなことが言えるのは
私が宙組贔屓じゃないからかもですけど

でも、辛い涙…涙…、ではなくて
笑顔で卒業していく二人が
すごく素敵だと思いました。

朝から有楽町に行って、例の ゴールド・カー を見ました!
ムラ楽ではシルバーだったスワロフスキーは、東京では ゴールド ですよー。キラキラ!!

うめにゃんは白というよりは生成っぽい、ニット地の変わったデザインのワンピース&ちょーデカイ縁ピンクのグラサン(片眼に顔が隠れるだろってくらいのお笑いアイテム・笑)

朝からしんみりさせる感じがしない。
これが宙組カラーなの?
っていうか、タニウメカラー?
宇宙レベルの王子と姫はやっぱりすごい☆

 

中継は西新井だったわけですけれども、超地元なのに行くのは初めてで、時間ギリギリに入ってドキドキしました。
その前に一緒にお昼を食べた友人とは、「いつもりくちゃん中心に見ちゃってたから、最後にしてやっと真ん中の芝居を見るよー」なんて話していたのに、始まったら始まったで画面にチラ映りするりくちゃんを捜してました。性ですよね宿命です。ボーイは結構映ってました。あと、下手でブラックに着替えるところのお手伝いでたくさん!ここ、ちょっとドキドキ妄想タイムでした(ぇー)。

アドリブに厳しい正塚芝居で、千秋楽の功労者はなんと言ってもオーランジュ男爵@蘭寿さんかと。
中継を見て気づけたのは、S14bでモニーク@もゆるちゃんへ。はけ際に「頑張って!」とかけられた声に「君もこれから、頑張って!!」と返す男爵。S20cでの港での語らいの中でジャスティン@大和に「今まで…楽しかったよ」。この台詞にびっくりした谷さん、ちょっと素に戻ってましたよね可愛い。後から聞いたのは、公爵夫人@彩苑さんに白い薔薇を手渡したとか。もっとあったのかも。調べてみよう。
どれもこれも定番ですごくクサイんだけどね、サラッとやっちゃうのがまゆさん。芝居の邪魔にならなかったの、どれもこれも。全部自然な流れでやってのけちゃうから、だから赤面とか研30とか言われちゃうんだよまゆさん。私、こんなにまゆさんを評価したの初めてかもです(!)ごめんね、まゆさん本当に大好き☆☆

 

入りから直で中継見てヘトヘトになっちゃったので、出はキャンセル。
ここはやっぱりね、贔屓組じゃないから。

じゃないから身軽。4割。
じゃないから遠慮。6割。

やっぱりどうしても、りくちゃんという応援している子がいても、私にとっては「他所組さん」だから。心から悲しんでる人、祝っている人の中に入っていくのがためらわれるんです。
星公演中にあすかちゃんのお茶会に混ぜてもらった時も、途中から申し訳なくっていたたまれなかったのを思い出します。こんなところに混ざっててごめんなさい。何も知らない癖に感動してごめんなさい。て。
考えすぎだろうなぁ、とはわかってるんですよ。お茶会だってパレードだって、賑やかしで良いからたくさん人がいてくれたほうが良いんだよ、て話も伺いました。わかります。雪組で同じ立場なら私もそう思います。参加して、見てくだけ見ていって!て、言うと思います。思いますが、ダメなんですよぅ…私が。

なんて、他所組さんのサヨナラの度にもにょってたのですが。ちょこちょこ覗いてるサイトさんの日記で同じようなことが書いてあって、ホッとしました。
そのやりきれない気持ち、多分同じですよね!


Find this post interesting? Besides commenting below, you can follow responses with the RSS 2.0 feed or

Starburst Theme designed by Claire
powered by WordPress 4.5.12 | valid XHTML and CSS